mail
tel

WEDDING REPORTS

フォトウェディングや前撮りでを持ち込みしたい!小物、衣裳、アクセサリー…何が持ち込みできる?持ち込み料金は?注意点は?

フォトウェディングや前撮りでを持ち込みしたい!小物、衣裳、アクセサリー…何が持ち込みできる?持ち込み料金は?注意点は?

フォトウェディングや結婚式前撮りの撮影プランに、撮影用小物、ドレスや振袖など自分で用意した衣裳、髪飾りやアクセサリー、靴などを持ち込みで撮影してほしいと考えた場合、どのような点に注意すべきかを解説します。持ち込み料金が必要かどうかだけでなく、持ち込むタイミングや衣裳の管理、衣裳や小物の持ち込み方、プランに含まれるサービスと持ち込みが重複した場合など、事前に確認しておきたいポイントは幾つかあります。

フォトウェディングや前撮りで必要なアイテムやサービスは持ち込みできる?

フォトウェディングや結婚式の前撮りを行うフォトスタジオでは、通常手ぶらで気軽に撮影が楽しめるよう、さまざまな婚礼衣裳、アクセサリー、撮影小物類などが用意されています。新婦のためのウェディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛、新郎のためのタキシード、モーニング、紋付袴。そしてそれに合わせる小物やアクセサリーも。 衣裳用の肌着以外は基本的に何の用意もいりません。肌着も別料金でレンタルサービスや買取サービスが用意されているスタジオもあり、まったくの手ぶらOKでの撮影も可能です。

 

プラン料金の中には撮影に必要なレンタル料金、ヘアメイクと着付け料金も含まれる

通常の結婚式の衣裳レンタル料金では、衣裳料金とヘアメイク料金、着付け料金が別々で、すべて合算して請求されます。
しかしフォトウェディングや前撮りのプラン料金内には、撮影料金だけでなく、衣裳のレンタル料金、ヘアメイクと着付け料金がすべてセットで含まれていることが多いのです。 ただし、衣裳を持ち込みしたいと考える場合、この料金が変わってくることもあるため、注意が必要です。

 

和装、洋装とも衣裳に合わせるアクセサリーや靴などの小物は無料でレンタル可能

フォトウェディングや前撮りでは、和装、洋装とも衣裳に合わせるアクセサリーや靴などの小物は、選んだ衣裳に合わせて無料でレンタルできることがほとんどです。ただし、一部の新作小物やかつらなどは有料の場合もありますので、衣裳が決まって合わせるアクセサリーを選ぶ際には確認したほうが良いでしょう。基本的にはスタジオでは用意している衣裳に合わせたたくさんの髪飾りやアクセサリー類をそろえています。イメージに合うアイテムが見つかる可能性は高いので、一度見せてもらったほうがいいでしょう。
アクセサリーや髪飾り、靴の持ち込みはほぼ無料で可能であることがほとんどです。

 

撮影小物で「定番」と呼ばれているものならスタジオ側に用意があり無料貸し出し可能

撮影小物は持ち込み可能なスタジオが多いのですが、持参しなくてもスタジオで用意している撮影用小物も多く、特に「定番」の小物はほぼ貸し出しが可能なことが多いでしょう。
小物を使って撮りたいポーズやショットがある場合、事前に持ち込みたいものを伝えて、借りられるかどうか確認したほうが良いでしょう。
小物の大きさや種類によっては、スタジオで借りたほうがよい場合も。たとえば、和装での撮影では番傘を持ったり背後に配置して撮るの人気演出がありますが、番傘は和装の取り扱いのあるスタジオであればほとんど用意しています。わざわざ購入したり、持っていくには手間がかかるものは確認をとりましょう。
その他にも、撮影小物で大人気のガーランド、イニシャルオブジェ、フォトフレームなどは、ほとんどのスタジオで用意があることも。

 

フォトウェディングや前撮りの撮影小物を持ち込みする際の注意や料金

フォトウェディングや前撮りで、撮影用の小物を持ち込みたい場合は、事前に申請することが必要になります。また、持ち込み料金は無料であるケースが多いもの、持ち込みする数は4つまでなど、決められていることが多いでしょう。

 

【小物を持ち込む前に確認&準備すること】
・持ち込みOKかスタジオ側に確認
・スタジオでレンタルできる小物があるか確認
・希望を伝えれば有料で用意してくれる場合もある
・持ち込み小物は事前に申請する

 

持ち込みOKかスタジオ側に確認

自分で手作りしたり事前に買い求めた小物は、ほとんどの業者やフォトスタジオでは持ち込みが可能ですが、場合やものによってはNGであることも。打合せなどで事前にどのような小物を持ち込みたいか伝え、持ち込みしても大丈夫か確認をとっておきましょう。 あまりにも大きすぎるものや、破損の恐れがあるものは断られる場合もあります。

 

スタジオでレンタルできる小物があるか確認

小物を用意するのがめんどう、別に小物はいらない…と思っている方も多いでしょう。ほとんどの業者やスタジオでは、定番の撮影小物の用意はほとんどあります。ガーランドやオブジェ、カチンコといったものは、無料でレンタルできることがほとんどです。 事前にスタジオ側に、どんな小物やアイテムの用意があるかを確認し、それで十分と思うようであれば、特に自分で持ち込んだり手作りする事前の用意はいりません。

 

希望を伝えれば有料で用意してくれる場合もある

バイクやオープンカーを使った撮影をしたい、海でボートを使った撮影をしたい…など、撮影イメージはあるものの、自分で用意するのが難しい演出アイテムや小物があれば、事前打ち合わせやメール、オンライン等で相談してみるのもおすすめです。有料で撮影料金に加算されますが、レンタルなど撮影小物の貸し出し業者から取り寄せてくれる場合もあります。

 

持ち込み小物は事前に申請する

フォトウェディングや前撮りを行う際に、持ち込み希望の小物は撮影前までに事前に申告するよう決められているスタジオがほとんどです。
そうすれば、カメラマンがその小物を使って撮りたいショットをイメージして、でポーズやロケーションの中に組み込んで撮影してくれます。また、ポーズに必要な小物を何種類も準備して持ち込むカップルが増えています。持ち込んだことを忘れてしまったりで使用しないままになってしまうことも。せっかく持ち込んだ小物をまんべんなく使用できるよう、事前に申告しておけば、順番で進行に組み込みやすくなります。

 

フォトウェディングや前撮りで小物を持ち込む際の注意点

SNSなどを見ていると、魅力的な撮影小物を使ったフォトウェディングや前撮りの画像に目移りして、ついついたくさんの小物を用意したくなりますが、実際の撮影時間は通常30分~1時間程度と決して長い時間ではなく、多くの撮影小物を持ち込んでもすべて使用できない可能性もあります。また、沖縄やハワイなどリゾート地で行うフォトウェディングの場合、トランクに積み込める分量には重さなどに限りがあり、注意が必要です。 本当に撮影してほしい、と思う小物のみに絞って準備をしましょう。
また、あまりに撮ってほしいシーンを詰め込みすぎると、カメラマンが指示を追うだけの撮影になり、臨場感のあるシーンやゲストのいい表情など見逃してしまうことも多いようです。ある程度は自由に撮影して、どうしても入れてほしいシーン・ショットのみを厳選して伝えましょう。

 

フォトウェディングや前撮りの撮影小物を持ち込みする際の注意や料金

フォトウェデングや前撮りでは、プラン料金の中に衣裳とヘアメイク料金が含まれているため、衣裳を持ち込みたいと希望するケースはあまりないようです。しかし、幾つかの理由から、ドレスや振袖などを持ち込みして撮影したいという希望も少なからずあります。

 

【フォトウェディングや前撮りに衣裳を持ち込みたい理由】
・自分が購入したウェディングドレスでフォトフォトウェディングや前撮りを楽しみたい。
・母親など親しい人から譲り受けたドレスでフォトウェでイングや前撮りを楽しみたい。
・成人式などの際に購入した和装や振袖を着用して撮影したい。
・婚礼衣裳だけでなく、自分たちらしい服装でも撮影したい。  …など

 

フォトウェディングや前撮りの衣裳持ち込み料金は無料も多いが有料になることも

多くのスタジオが衣裳レンタル付きプランを打ち出していますが、基本的にはドレスや振袖など、洋装和装ともに衣裳の持ち込みはOKであることがほとんどです。
結婚式の場合、衣裳持ち込みは会場によって数万円の持ち込み料金が規約でかかることも多いのですが、フォトウェディングや前撮りでは、持ち込み料金はかからないことも多いのです。
ただし、いくつか注意が必要であるため、持ち込みを希望する際には、問い合わせ、または初回打合せの段階で、必ず衣裳持ち込みを希望していることを最初に伝える必要があります。

 

【フォトウェディングや前撮りで衣裳持ち込みの現状】
・多くのフォトスタジオや撮影業者では衣裳持ち込みが可能
・持ち込み料金が無料かどうかはフォトスタジオや撮影業者により異なる
・衣裳をスタジオに搬入するタイミングはフォトスタジオや撮影業者により異なる
・撮影前に持ち込んだ衣裳のメンテナンスが無料か有料かはフォトスタジオや撮影業者により異なる
・衣裳を持ち込みしても、プラン料金内から衣裳代が割引にならないことが多い
・和装中心のスタジオは洋装持ち込み不可、洋装中心のスタジオの場合は和装持ち込み不可の場合が多い

 

衣裳の持ち込みの場合はメンテナンスにも注意が必要

衣裳を持ち込みした場合、他のレンタル業者から搬入してもらう場合はメンテナンスが行き届いていることが多いのですが、自前の衣裳を持ち込む際には、自分で衣裳のメンテナンスをおこなう必要があります。撮影するスタジオにメンテナンスを依頼する場合には、メンテナンス料金が発生することも。
リゾート地でのフォトウェディングで衣裳持ち込みを希望した場合、ドレスや和装などの衣裳は飛行機で自ら持ち運ぶことになります。

 

衣裳は手荷物で機内に持ち込む

飛行機で荷物を持ち運ぶ際に最も怖いのが、荷物が別の空港に行ってしまうロストバゲージ。ドレスを用意していたにもかかわらず、現地についてドレスがないというケースもまれにあるのです。
そのため、衣裳は機内持ち込みできるサイズの運搬用のバッグなどに入れて機内に持ち込みましょう。
航空会社によって、機内持ち込みのサイズや重量が異なり、持ち込みができる荷物の数にも違いがあるので、必ず事前に航空会社に確認しておくようにしましょう。

 

衣裳のしわを防ぐためにビジネスクラス利用も検討を

ドレスを運搬する際に気になるドレスやタキシードのシワ。これを防ぐためには、ビジネスクラス以上だとクロークが完備されており、事前に依頼すればドレスを掛けてもらうことができます。
また、エコノミークラスの場合でも、キャビンアテンダントにウエディングドレスということを伝えれば、クロークに空きがある場合に限り、掛けてもらえることもあるようです。 しかし確実ではないので、ドレスの機内管理に関しては、各会社に事前に確認した方が良いでしょう。

 

運搬の際についた衣裳のシワを取るには

特にドレスはしわになりやすいため、ドレスを選ぶ際にシワになりにくい素材のドレスを選ぶことが最も重要です。チュール素材のドレスはしわになりにくいため、リゾートウェディングではよく選ばれる素材です。
ただし、どんなに管理していても、しわはある程度ついてしまいます。そこで、現地に着いてからシワを伸ばす方法をご紹介します。

 

ホテルのプレスサービスを利用

自分でやろうと思うとドレスはプレス技術が必要です。また、素材によっては出来ない場合もあるので、できれば事前に問い合わせしてサービスを活用しましょう。

 

小型のハンディスチームアイロンを持参

多少荷物になりますが現地に持参しドレスをハンガーにかけアイロンを掛けましょう。

 

バスタブにお湯を張ってバスルームに一晩つるす

湿気でシワが伸び目立たなくなります。ドレスやベールなど、多少のシワであればこのようにしてシワをとることが出来ます。この際、ドレスが濡れてしまわないよう十分に注意しましょう。

 

事前にフォトスタジオに運んでケアを依頼する

フォトスタジオによっては、事前に衣裳を運んでおけば、メンテナンスを取り扱ってくれる場合もあります。(サービスがあるかどうか、有料無料は依頼先に要確認)

 

フォトウェディングや前撮りで和装は持ち込みできる?料金は?小物は?

和婚がふたたび注目を集めているという流れも後押しして、フォトウェディングや前撮りで和装をしたい、という希望も多くなっています。特に前撮りでは高い人気を誇ります。 フォトウェディングで和装を着る場合、フォトスタジオで着物の用意があるスタジオを選ぶ必要があります。ただ自前で着物を用意して持ち込むことが可能なスタジオは、和装の取り扱いがあるスタジオに限られる場合もあります、通常ドレスのみの取り扱いのスタジオでは、着付けができるスタッフ常駐していない場合もあるためです。
ドレスと同様に、持ち込みへの対応はスタジオごとに異なります。メンテナンス料金など、別途料金がかかることもありますので、必ず事前に確認しましょう。

 

和装小物はスタジオ側に用意がある

和装には扇子や筥迫、帯、帯紐など、伝統にのっとった和装小物が必要になりますが、それらの用意ももちろん和装を取り揃えているフォトスタジオにはあります。
ただし帯や帯紐は、通常はスタジオが用意している着物に合わせた用意になっているため、自前で着物を持ち込みする際に、帯や帯紐もカラーやイメージを合わせたいと考える場合は自分たちで用意して持ち込みする必要が出てくることも。

 

和装用の肌着は自前で準備が必要

肌に身につけるものは基本的に自前で用意するケースが多いでしょう。 着物には、体系補正のため和装ブラジャーや和装ショーツなどの着物用下着をつけるのが望ましく、くびれの大きな女性は、ウェストにタオルを巻くといった体型補正も必要です。直接肌に触れるものについては、持参することをおすすめします。
ブラやショーツの上には、肌襦袢(はだじゅばん)や裾よけなどの着物用下着を身につけます。肌襦袢は、一般的な着物用のものではなく衿ぐりの広い婚礼衣装用のものがよいでしょう。裾よけは、長襦袢の汚れを防ぐためにつけます。肌襦袢と裾よけがつながった一体型が着やすくて便利です。
着物を着る際に欠かせない腰ひもや足袋(たび)も、自前で用意することの多い小物です。 ただし、スタジオによっては下着類も含めて和装小物がすべてパックに含まれているケースや、オプション料金で用意してくれるところもあります。 どんな小物を用意すべきかスタジオに問い合わせて、必要なものだけをそろえるようにしましょう。

 

フォトウェディングや前撮りの持ち込みは厳選してチョイスしよう

フォトウェディングや前撮りでは、あまり欲張り過ぎずに自分が撮りたい衣裳やロケーションに合わせ、持ち込みの希望は厳選して用意しましょう。自分がどういうイメージの結婚写真を撮りたいかを事前に打ち合わせやメールで伝えておけば、カメラマンからアドバイスをもらえる場合もあります。撮影時間を目いっぱい楽しむために、持ち込みを効果的に活用してくださいね。

PHOTOGRAPHER

We are CREATIVE

クリエイター 一覧を見る

新着記事

PHOTO WEDDING

フォトウェディングとは、おふたりの“今”を写真に残す結婚スタイルの一つ。
挙式や披露宴はしないけど、ウェディングドレスは着て思い出の一枚を残したいカップルに人気があります。沖縄の海や空を背景に何度も見返したくなるような色あせない結婚式の形をご提供します。

PHOTO WEDDING

PICK UP PLAN

全エリアおすすすめプラン

PHOTOGRAPHER

We are CREATIVE

フォトグラファーを見る

SALON & ACCESS

CREATIVE STUDIO OKINAWA

OKINAWA

CREATIVE STUDIO MIYAKO

MIYAKO

CREATIVE STUDIO ISHIGAKI

ISHIGAKI

CREATIVE STUDIO OKINAWA

CREATIVE STUDIO OKINAWA

住 所
沖縄県中頭郡北谷町美浜9番地7 PLAZA F 2階
アクセス
那覇空港から約40分(無料駐車場有)
電話番号
098-926-1308
CREATIVE STUDIO MIYAKO

CREATIVE STUDIO MIYAKO

住 所
沖縄県宮古島市上野字宮国765-1 うえのドイツ文化村商用地ゾーン 1棟1-102号
アクセス
宮古島空港から車で約15分
電話番号
098-926-1308
CREATIVE STUDIO ISHIGAKI

CREATIVE STUDIO ISHIGAKI

住 所
沖縄県石垣市真栄里354-1 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
ワタベウェディングブライダルサロン内クリエイティブ石垣サロン
アクセス
石垣空港から車で20分
電話番号
098-926-1308
pagetop