mail
tel

WEDDING REPORTS

ビーチや海の結婚式、フォトウェディングでブーケはどう準備する?沖縄やハワイのようなリゾート地の場合オーダーや持ち込みは可能?

ビーチや海の結婚式、フォトウェディングでブーケはどう準備する?沖縄やハワイのようなリゾート地の場合オーダーや持ち込みは可能?

ビーチや海でおこなう結婚式やフォトウェディングでは、どんなブーケが人気なのでしょうか。また、沖縄やハワイなどリゾート地のビーチで撮影を行う場合は、ブーケは生花、造花、ドライブーケなど、どれが適していめるのでしょうか。持ち込みは可能?自分らしくオーダーしたブーケを業者に依頼できる?など、ビーチウェディングやビーチフォトウェディングの際のブーケ選びについて解説します。

ハワイや沖縄といったビーチや海の結婚式やフォトウェディングでブーケは必要?費用相場は?

海やビーチリゾートでおこなう結婚式やフォトウェディングでは、実際どのぐらいの割合でブーケを用意しているのでしょうか。
挙式をおこなう人の場合は、90%の人がブーケをレンタル、手作り持ち込みや購入といった何らかの形で用意しています。
ブーケの費用相場は約3万円でした。

【ビーチリゾートの結婚式でブーケを用意した割合】
・ハワイ…90.8%
・グアム…94.1%
・アジアビーチリゾート…83.3%

 

ビーチウェディングやビーチフォトウェディングのブーケの費用と料金相場

結婚式などに使用するブーケの費用の平均金額は、手作りや購入を考えた場合、2019年の調査では次のような金額になっています。

・生花のブーケ 3.7万円
・造花のブーケ 1.1万円
・プリザーブドフラワーのブーケ 1.8万円
・手作りのブーケ  1.2万円

ビーチフォトウェディングや前撮りの場合、スタジオや撮影業者が用意している造花ブーケやドライブーケを使う場合は、レンタル料金は無料であることがほとんどです。 どのようなブーケを用意しているかを確認した上で、自分で準備して持ち込むかを決定しましょう。

 

海やビーチの結婚式やフォトウエディングで使用するウェディングブーケの種類

ビーチウェディングやビーチフォトウェディングでは、次のような理由がネックになって、造花ブーケにするか生花ブーケにするかなど、悩んでしまう人が少なくないようです。

【ビーチウェディングやビーチフォトウェディングのブーケ選びの注意点】
・暑い気温で長時間では生花がくったりしてしまうのではないか
・強い海風に吹かれた場合ブーケの形は大丈夫か
・遠方から持ち込む際には持ち運びなどどうすればよいか
・フォトウェディングや前撮りでスタジオに依頼は可能か

 

造花ブーケ

ビーチウェディングやビーチフォトウェディングでは持ち込みする人が一番多いのが造花ブーケです。自分で気に入ったものを旅行用トランクに詰めて持ち込みをする人も多いよう。暑い気温で花がしおれる心配もなく、強い海風にさらされても形が崩れる心配もありません。撮影スタジオや式場で用意していることが多く、レンタルできることがほとんどのため、自ら用意する必要がないというのも大きな理由です。

 

生花ブーケ

現地の花屋に依頼して、スタジオに撮影直前に持ってきてもらうという手段を手配することも可能です。撮影を依頼したスタジオで手配してくれることもありますが、多くの場合は自己手配となります。生花のみずみずしい魅力は写真にも美しく残りますし、一般的なビーチでかかる撮影時間の30分程度であれば、花がくったりしてしまう心配もそこまでありません。

 

ドライブーケ

トレンド嗜好のオシャレ花嫁に大人気のドライフラワーを使ったブーケ。シャビーな色合いだけでなく、色を染めて鮮やかなに加工したドライフラワーを使用したり、生花や造花をミックスしたものまでさまざまです。最近では撮影スタジオ側でレンタル用に用意しているところも多いようです。自己手配で地元の業者に依頼して当日現地に配達してもらったり、自分で作って持ち込む人も多くいます。

 

手作りや他店オーダーの持ち込みも可能?

ブーケの持ち込みには基本おおらかな場所が多いようですが、持ち込み料金がかかる場合もあるため、事前に撮影スタジオに確認をとったほうが良いでしょう。
また、現地のフラワーショップでブーケをオーダーし、撮影日当日に時間指定で届けてもらう場合には、配達時間と配送受取をスタジオ側に事前に知らせて、受取をお願いして置く必要があります。基本的には持ち込みOKであれば、受取も快く引き受けてもらえるでしょう。

 

ブーケを自分で用意して現地へ持ち込み持ち運ぶには?

自分で作った、または購入したブーケは、旅行の手荷物として持っていきます。持ち込みの際には形が崩れないよう、ブーケがすっぽり入る大きさの箱に入れて持ち運びます。 ブーケを取り扱っているフラワーショップや、造花を取り扱うショップでは、ブーケ持ち運び用のボックスを売っているので購入して準備しましょう。ブーケを固定することができるので、そちらで持ち運ぶのがおすすめです。

 

生花ブーケをアフターブーケで持ち帰りたい

生花ブーケを選んだ場合、記念に持ち帰りたいと考える人も多いようです。
生花のまま持ち帰ることもできますが、飛行機で手荷物として持ち帰るには、現地での検疫に違反しない種類であることが前提です。
結婚式で使用したブーケを末永く美しく保存するアフターブーケの方法としては、押し花加工にするかプリザーブドフラワーにするかになります。プリザーブドフラワー加工は空輸には繊細で向いていません。また、使用後すぐに業者に引き取って加工してもらうことが必要なため、リゾート地で行うには向いていません。
そのため、アフターブーケは押し花がおすすめです。押し花加工をしてくれる現地の業者に依頼するか、丁寧に持ち帰り後に地元の業者に依頼する、または自分で加工しましょう。 挙式を挙げた会場や、撮影したスタジオでオプションサービスで申し込みできる場合もあります。

PHOTOGRAPHER

We are CREATIVE

クリエイター 一覧を見る

新着記事

PHOTO WEDDING

フォトウェディングとは、おふたりの“今”を写真に残す結婚スタイルの一つ。
挙式や披露宴はしないけど、ウェディングドレスは着て思い出の一枚を残したいカップルに人気があります。沖縄の海や空を背景に何度も見返したくなるような色あせない結婚式の形をご提供します。

PHOTO WEDDING

PICK UP PLAN

全エリアおすすすめプラン

PHOTOGRAPHER

We are CREATIVE

フォトグラファーを見る

SALON & ACCESS

CREATIVE STUDIO OKINAWA

OKINAWA

CREATIVE STUDIO MIYAKO

MIYAKO

CREATIVE STUDIO ISHIGAKI

ISHIGAKI

CREATIVE STUDIO OKINAWA

CREATIVE STUDIO OKINAWA

住 所
沖縄県中頭郡北谷町美浜9番地7 PLAZA F 2階
アクセス
那覇空港から約40分(無料駐車場有)
電話番号
098-926-1308
CREATIVE STUDIO MIYAKO

CREATIVE STUDIO MIYAKO

住 所
沖縄県宮古島市上野字宮国765-1 うえのドイツ文化村商用地ゾーン 1棟1-102号
アクセス
宮古島空港から車で約15分
電話番号
098-926-1308
CREATIVE STUDIO ISHIGAKI

CREATIVE STUDIO ISHIGAKI

住 所
沖縄県石垣市真栄里354-1 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
ワタベウェディングブライダルサロン内クリエイティブ石垣サロン
アクセス
石垣空港から車で20分
電話番号
098-926-1308
pagetop